自閉症児の子育て日記


by たろちん

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
ごあいさつ
登場人物
発達障害[0~2才6ヶ月(診断前)]
発達障害[2才6ヶ月(診断後)~]
発達障害[3才~5才(療育通園)]
発達障害[小学部1~2年]
発達障害[小学部3年]
療育センターでのお話
幼稚園のプレ
日常の徒然[ゆま]
日常の徒然[パパ・ママ]
日常の徒然[あんち]
日常の徒然[家族]
お友達のお話
身内のこと
友人・知人のこと
ご紹介/つぶやき
未分類

以前の記事

2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月

ブログパーツ

ブログジャンル

子育て
漫画家・絵描き

ファン

その他のジャンル

最新の記事

食べ方が〜
at 2016-03-04 22:30
お久しぶりです。〜ママです
at 2016-03-03 22:30
最近の ゆま&ぱぱ
at 2016-02-19 22:26
少しの間、更新を休止させて頂..
at 2015-12-09 17:56
ゆまにとって、うっとうしかっ..
at 2015-10-20 13:18

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ:日常の徒然[家族]( 15 )

そんなこんなで あんちをスイミングスクールへ

今回はマンガ無しで失礼します。ママです(^_^)


前回記事で、あんちを短期のスイミングスクールへ通わせたことを書きましたが、夏休みのこの時期、ゆまは引きこもり真っただ中でした。

スイミングスクールは全部で4日間。その内1日は土曜日だったので、“ゆま問題”は3日間ありました。

さて、この3日間をどうしたものか…


意地でも あんちをスクールに行かせたかった私(^_^;)

まず考えたのは思いきり他力本願の、田舎の父を呼んで ゆまと留守番をしてもらえないか?ということでした。(ちなみに母は可愛い甥っ子のお世話に忙しい毎日を送っています)

でも、これは叶わず… さすがに、そうそう親をこき使ってくれるな、ということでして。(そりゃそーだ)


で、次はいつもながらにパパだのみ。(何度か申し上げておりますが、我が家のパパはサラリーマンではありません)

そんな無理してまで行かせなくても…、とパパは思ったかもしれませんが、私が「行かせたい!行かせなきゃ!!」と熱くなっていたために「わ、分かったから(+o+)」と、仕事時間を調整し ゆまをデイサービスへ連れて行ってくれることに。(ちなみに、激しいバトルはあるものの、パパなら ゆまを連れ出すことは可能でした)

で、これを2日間引き受けてくれることになり、残るはあと1日だけ…。


ゆまが外に出られないのであれば、誰かに家で見守りをしてもらえないか?、そんなシステムは無いものかと、まずは区役所へ相談に行きました。

結果は、今の ゆまが“制度”として利用できるとすれば、それは移動介護しかないとのこと。(知的障がい児に対しても訪問系サービスはあるようですが、原則、留守番時の見守りといったものには利用できず、特に“小学生”のうちは保護者が見るものとされ、対象外だそう)

引きこもっているヤツに、当然、移動介護は無理!なので、次は色々な情報を持っておられそうな、昨年PTAの係でご一緒した先輩ママさんに相談をしました。

そうしたところ、そのお方がNPO法人を立ち上げられており、その中のお仕事の一環として(実費ででしたが)障がい児の自宅見守りをやってくださるということに。

これは、ラッキーでした。(ダメもとで当たってみるものですねぇ…)

ただ、当日の ゆまの様子はというと、(事前の顔合わせがあったとはいえ)他人様との自宅お留守番という初めての経験に、2時間ちょっとの間、終始不安そうだったとのこと。

その方が撮ってくれた動画にも、玄関の方へ行き来する ゆまの姿が。

『お母さん おでかけ。○○さんと いえにいる。』→『お母さん ただいま』→『○○さん さようなら』という内容のメモを貼ってはいたものの、やっぱり不安だったか~。

私が帰宅したときには、ネコのような甘えっぷりでした。

…ただ、その一時間後には荒れまくり始めましたけどねぇ(-_-)(この日ばかりは、「頑張ってくれたんだから」と、母は我慢しましたよ、ええ。)


ということで、 ゆまは気が進まなかったデイサービス(行ってしまえば問題ないのに)を2日、初の自宅見守りを1日と、妹のために頑張ってくれました。

私も…、当然自分で決めたことなので頑張りました。

何を?という感じかもしれませんが、諸々の段取りや準備がそこそこあったり、相変わらずへたっぴな運転で車をあちこち動かしたりで、正直、久々に「頭」が疲れました(^^;)


でも、そんな強行突破(とは言わないか?)をした中で、もうひとつ書き留めておきたいことが。

それは、一緒に あんちとスクールへ行ってくれたご近所の保育園お友達、Yくんのママさんのご協力がなければ、この計画(?)は成り立たなかったということ。

というのは、スクールの後、私はすぐに自宅に帰らなければ or ゆまをデイに迎えに行かなければならなかったのですが、毎回のようにYくんと遊びたがる あんち。(まぁ、それも子どもにとっちゃあ楽しみのひとつ。分からなくもないのですけどね)

そんな あんちをある時はYくん宅で、ある時はマック(それも、ゆまと一緒では絶対に行けない、嬉し楽しアスレチックつきのところ!)でと、ゆまの傍にいなければならない私の代わりに、「まかせて〜」と面倒をみてくれたママのR子さん。

ちなみにR子さん、お子さんはYくんの他に1歳2カ月の弟くんと、お腹には6ケ月の赤ちゃんも! なのに、すごいアクティブなお人なのです。(↑のマックは、その日お休みだったYくんのパパさんも一緒に行ってくれました^^)

こちらのご家族には、本当にいつもお世話になってます。

でもこの時、「頭」がパンパンだった私にとってはいつも以上にありがた過ぎて、ホロっと涙が出そうなときも。

そんなところをもしR子さんに見られたら、「なんで泣くの~?こんなのいつものことじゃないのよ~」と笑われそうですが、普段、あんちと ゆまのバランスで頭を悩ませている私にとっては、へんなところでグッときてしまって…。


終わってみれば、自己満足かもしれない事のために色々な人を巻き込んでしまって申し訳なかったのかなぁ、と思ったりもしました。

でも、普段見られない あんちの勇姿と、まさに“とびきりの笑顔”ってやつが見られたのですから…

周りの人たちに助けてもらってでも、やっぱり あんちと一緒にお出かけして良かった! と思ってしまうのです。



応援してくださっている皆様、いつもありがとうございます!
更新の励みにさせていただきます♡
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

『うちの子は自閉症 You tube』


人気ブログランキングへ



by yuma-anchi | 2015-09-09 23:37 | 日常の徒然[家族]

電車にて(ゆまの社会性)

みなさん、お久しぶりです(^_^;)

本日はパパログ

暫く、珍しく体調が優れず、コンテネタも描けずでした(-"-)

今回は、ゆまとちょっと外出した時のお話です。

ゆまは、うちではほぼ一日中何かしら口ずさんでます。

You Tubeで見つけたお気に入りの歌を歌いながら、時にはリビングにある姿見の鏡で振り付けも真似したり(#^.^#)

しかし、こうした行動も家のみであればなんら問題ないのですが、例えばお店のウインドウガラスに自分が映ったりすると、中に人が居ようがそこで歌とふりを始めたりします(^_^;)

自由にさせてあげたいと思いつつも、やっぱりある程度で手を引っ張ってほかの行動に移すように促しておりますが・・・

外出時に電車に乗ることも多いのですが(現時点では空いている時間帯のみ)、トンネルに入ったりして窓ガラスに自分の姿が映ったりすると、目の前に乗客がいてもお構いなしに・・・!

f0306222_75347.jpg
   ↑ お気に入りは『おかあさんといっしょ』のエンディング「まったね~、ばいば~い」のくだりなど。

f0306222_7531493.jpg

f0306222_7532462.jpg

f0306222_7533245.jpg


先日は電車のアナウンスを完璧に真似をするお兄さんと同じ車両になりました。

空いている車両でゆまの歌声とお兄さんのアナウンス・・・

もし、こんな場面に出合いましたら暖かく見守ってくださいね♪

いつもありがとうございます♡
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

『うちの子は自閉症 You tube』


人気ブログランキングへ




by yuma-anchi | 2015-05-11 18:50 | 日常の徒然[家族]

いろんな親子

ご訪問ありがとうございます。


本日もママログです。

まずはマンガをどーぞ(^^)

f0306222_19544341.jpg

f0306222_19545439.jpg
                   たまにテレビで見かけますねー

f0306222_1955366.jpg

f0306222_19551234.jpg


ウチのゆまクン、いま3年生ですが、身長138cmくらいの体重38kgくらい…

とにかくデカいっす(^^;)

で、パパは身長普通くらいの細身。


ゆまはパパのことが大好きで、よく甘えていきます。

体は10歳くらい、でも行動は2歳の子?

その甘え方(じゃれつき方)はハンパなく…

はたからみてると、マンガのまんまです(*^^*)


最初の子どもは「男の子が欲しい!」と願っていたパパ。

そして、希望通りの男の子が産まれて大喜び!!

でも、その子はパパが一緒にやりたかったであろうキャッチボールもサッカーも出来ません。
(今は、かな?)

それでも、息子の身体全体を使っての愛情表現に、とっても嬉しそうな父親なのでした。


ちょっと痛そうですけどね…(^^;)



いつもありがとうございます♡
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

『うちの子は自閉症 You tube』


人気ブログランキングへ




by yuma-anchi | 2015-04-19 16:13 | 日常の徒然[家族]

『ゆま誕生』からドキドキの帰宅

こんにちは(^^)v

本日はパパログです。

前回のママログにも書きましたが、改めて今までのログを見直してみるとゆまが産まれてから自閉症を疑うに至った頃の話が抜けておりましたので、いくつかご紹介していければと思ってます。

このブログに訪問して頂いている方の中には、お子さんの自閉症を疑い始めて悩んでいる方もいらっしゃると思います。

ゆまのこの時期のことをご紹介して、少しでもお役にたてればと思います。

さて、前回の記事の通り、ゆまの誕生は陣痛より先に破水があり、なかなかの難産でした・・・(・・;)

破水→入院して、陣痛が来ないし、仕事もあるのでずっと病院に居ることが出来ませんでした。

ずーっと気になりながら、ばあばからの『陣痛が始まりました』連絡を待ちつつ仕事。

とうとう連絡が入りすぐに病院に向かいましたが、出産と同時の産声には間に合いませんでした(T_T)

しかし、到着するとゆまの元気な泣き声が聞こえてきて、良かった~なんて思っていたら、看護婦さんがゆまを抱っこして現れ・・・

f0306222_22102218.jpg

f0306222_2210336.jpg

ちょっとおっちょこちょいな感じの新人看護婦さんの様でしたが、何と男の子と女の子を反対に告げてきたので、本当にびっくり!!(うちは産まれる前に性別を聞いていたので)

『えー!!?』と言いつつちょこっと抱っこ。

看護婦さんは『すいません!男の子です!』と焦りながら、ささっとゆまをNICUに連れて行きました。

分娩室からは、聞いたことのないようなママの叫び声・・・

かなりのドタバタでしたね(>_<)

体重はほぼ十分なほどあったのですが、少し早産だったので、保育器のお世話に

f0306222_2210439.jpg

f0306222_2210549.jpg


やっと退院して初めて家に連れて帰ってきたときは、あまりの小ささにドキドキ。

みんなこうやって親になって行ったんですよね~(*^。^*)

ここからゆまとの生活がスタート。

まさか、自閉症と診断されるに至るとは夢にも思っていませんでした・・・



今年初のパパログでした(*^。^*)
昨年は本当に多くの応援凸ポチありがとうございましたm(__)m
↓↓今年も宜しくお願いします!↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

『うちの子は自閉症 You tube』


人気ブログランキングへ>




Fire HD 6タブレット 8GB、ブラック

by yuma-anchi | 2015-01-11 08:04 | 日常の徒然[家族]

大変だった!?『ゆま誕生』

本日もママログです(^^)

いつもご訪問いただき、ありがとうございます。

さて、私共のブログが1周年を過ぎましたことは何度かお伝えしておりますが、ブログを初めた当初、目標にしていた4コマ漫画100本に、あと3本と迫ってまいりました\(^o^)/

(しつこいようですが、本当にブログを見てくださっている皆さまのおかげです!うぅッ(:_;) ありがとうございます!!)

そこで、これを機に過去の記事を整理してみたのですが、「ゆまの成長日記」=成長記録として残すにあたり、もう少し書き留めておきたい部分があるということに気がつきました。

度々申し上げている通り、ただでさえ私達のブログは時制がめちゃくちゃで読みづらいのですが、今回からの数回、まるで「ふりだしに戻る」がごとく ゆまの最初の最初からを書かせていただこうと思います。(たまに、パパのツイートログをはさみつつ)

ということで、お付き合いのほど、よろしくお願いしますm(__)m


・・・と、前置きが長くなりましたが、

今回の話は”ゆまが産まれた時のこと”です。


思い起こせば、ゆまの妊娠中はトラブルが多かった…。

妊娠が分かった直後からひどいつわり(といっても食べていないと気持ちが悪いというパターンの方)に悩まされつつも、ある企業のコールセンターでバイトをしていた私。

それが、何回目かの検診の時に「顆粒球エラスターゼ」の検査でひっかかってしまい、切迫早産(妊娠周期からいうと切迫流産が正しいのかも?)ということで即入院を指示されました。
f0306222_114387.jpg
※絨毛膜羊膜炎とは

それでも、1週間ほどの入院+自宅安静後、お医者さまのO.Kを得てバイトに復帰したのですが、その後の検査でまたもやネガティブ(-)となり、結局この時の自宅安静を機にバイトを辞めストレスの少ない生活へ。

その後は食べづわりとお付き合いしつつ、なんとか順調に妊娠生活を送っていたのですが、

個人医院から(出産時の為の)大きい総合病院へ転院手続きをしたばかりの数日後、35週目にして破水!
f0306222_1142113.jpg

(遊びに来ていて)この日帰るはずだった ばぁばも予定変更を余儀なくされ、私と共に病院へ(^_^;)

お医者さまからは「まずは、胎児への感染チェックをしつつ、自然に陣痛が来るのを待ちます」と言われ、出来る範囲で体を動かしたり、フットバスなんかをしたりして過ごしました。

けれど、リミットの72時間(だったかな?)を過ぎても陣痛の来る気配は無し。

感染はしていなかったものの「これ以上は胎児にとって良くない」ということで、お薬を使って出産に挑むことになりました。


陣痛促進剤を使った後、急激な痛みに襲われたことはよく憶えていますが、それでも分娩台に上がってからもいっこうに出てきてくれなかった ゆま。

最後は助産師さん?が私の上に乗って、まさに押し出しての”出産”で ゆま誕生!
f0306222_1143113.jpg

いや~ 長いわ、いろんなところが痛すぎるわ、で疲れました(@_@)

あまりの怒涛の時間で、残念なことに ゆまの”産声”を憶えていないほどです…(T_T)
(早産ということで、出産直後に一瞬だけ顔をみせてもらった ゆまは即NICU行きだったし。)

ただ、一応未熟児だったものの体重はしっかり2,490㎏あり、その後も大きな病気をすることもなく健康に、標準より大きく育っていってくれたことは嬉しい限りでした。

f0306222_1143838.jpg

ゆまの産まれた総合病院では、1才になるまでの間、早産児のフォローで一か月ごとに検診が行われました。主に健康面、身体の成長面で、です。

これで最後だね、という検診の時、うっすらと発達面で不安を感じ始めていた私は、そのことをお医者さまに話した記憶が残っています。

「今後、そういったことが本当に心配になっていくようであれば専門の機関を紹介できますから。」と、やんわり様子を見ていくしかないと言われましたが、その時話していた”機関”とはきっと『療育センター』のことだったのだろうなぁと、今になって思えます。

まさかあの時は、こんな日を迎えているとは思ってもいませんでしたけどね…。


自閉症と分かったころに、出産直前の出来事のせいで ゆまが「障がい」を持ってしまったのだろうか?と疑ったこともありましたが、こういった”障がい”は先天的なものなのだろうし(後天的な場合もあるとおっしゃる方もおられるようですが)、万が一原因があったとしても、それを突き詰めることがこれからの ゆまにとって何になるんだろう、と思ったあたりで私は考えるのを止めました。
(それに、難しいことはよく分からないのでパパにお任せ(・・;)。私には毎日の生活の方で考えなければいけないことが山盛りだったので。)

以上、こんなことがあっての『ゆま誕生』でした(^-^)


本日 ゆまの学校が始まり、ようやく正月気分も終わりです。
今年はほど良い更新ペースをキープ出来たらいいなと思っています。応援してくださる方『ポチ』っとよろしくお願い致します♡(^^)♡
↓ ↓ ゆま作 / 羊のしめ縄
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

『うちの子は自閉症 You tube』


人気ブログランキングへ>




Fire HD 6タブレット 8GB、ブラック

by yuma-anchi | 2015-01-07 12:37 | 日常の徒然[家族]

今から、思春期のちょっとした心配事

こんにちは。

本日はパパログです!(^^)!

前回の記事にも書きましたが、ここ最近のゆまは少しでも思い通りに行かないと頭突きして来たり叩いてきたり・・・

力もかなりついてきたので、抑え込むのは本当に大変(^_^;)

まるで、本当の格闘(柔道の袖の取り合いのような・・・)のようでくたくたになります(ーー;)

まともに取り合うのは、高ぶった気持ちを助長させることもあるので、騒いでいる時は落ち着くまで出来るだけほったらかしにしたいのですが、立ち向かってくる時もあるし・・・

ま、何とかやってます(^_^;)


僕もママも体の大きさはほぼ標準。僕に至っては、両親も含め親戚に体が大きい人が少ないのですが、ママの家系は大きい人も多いようで、ゆまはその血を引き継いだようです・・・(ママも小さい頃はかなりおおきかったようです)

ゆまがあまりにも大きいので、よそのママさん達から『パパさんが大きい人なの?』と何度も聞かれたそうです。

f0306222_9563576.jpg

f0306222_9564765.jpg

f0306222_9565644.jpg

f0306222_9572117.jpg


自閉症の子が思春期になり、母親の体格を軽く超え癇癪を起したら・・・

うちは今はまだ何とかなってますが、実際、大変な思いをしていらっしゃる親御さんもかなり多いようです(>_<)

大相撲や格闘番組なんかを観てると『ゆまがこれくらいでかくなったらどうしよう』なんて気になってしまったり、まだ何年も先のゆまの思春期の頃が心配です(ーー;)


いつも、応援ポチ凸本当にありがとうございます!
皆様のポチ凸で自閉症&障がい児育児の事が広く知って頂く機会になります!

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




by yuma-anchi | 2014-11-03 10:06 | 日常の徒然[家族]

わが家の七五三は...(メイキング編)

「明日に続きます☆」としながら、日をまたいでしまいました…( ・_・;)

前回記事のつづきです!


ということで、神社のお参りはあきらめ、七五三の記念写真のみ自宅・自前で撮ることにしたのですが、

それを成すための難関は、”ゆまがスーツを着る"ということでした。

あの頃、普段なじみの無い服に対しては思いきり警戒をしたゆま。

どーしたものかなぁと、何気なく(当時通っていた療育センターの)先生に話したところ、「今ちょうど七五三のためにスーツを着る練習をしているお友達がいるので、ゆまくんも一緒にやりましょう!!(^^)!」とのこと。

その後、園でのスケジュールの中に「スーツに着替えて写真を撮る」ということが組み込まれ、ゆまはお友達が着替えるのを見た後(←これもポイントだそうで)、指示書にそって”着替え”⇒”写真を撮る”⇒”おわり”ということを練習させてもらいました。

そして、そのおかげもあり、当日はバッチリでした(^^)v
f0306222_2345495.jpg
↑センターでの練習時に使った”着替え”の指示書(先生の手作り!)をもとにパパと着替えるゆま。

こんなことまでして何だかな~、という感じかもしれませんが、何事も経験・経験、ということで(^^;)b

ちなみに、撮影後はさっさとスーツを脱いでいました。←これもご丁寧に練習どおり、というのがゆまらしいです。


さて、この記念写真、どのようにまとめようかなぁと思案していたところ、カメラマンのHちゃんのアドバイスもあり、”フォトブック”という物を作ることにしました。

ページ数もあるので、どうせなら色々なカットを撮ってしまおう!となり、わたくし、娘のために親バカを発揮いたしまして...

f0306222_2352246.jpg
小道具には花束と風船を用意。 前夜から風船をふくらまし、本番はシャボン玉を吹きふき...
あんちは大好きな縫いぐるみに囲まれ、お姫様気分でご満悦でした♡♡♡


そして、口出しはするものの、こういった物には疎い私...
画像の加工(背景用シーツのつなぎ目を消したりとか)・フォトブックの編集などはぜーんぶカメラマンHちゃんにお任せいたしましたm(_ _)m

そして、計10ページ、 約16.5×16.5×1㎝のコンパクトなハードカバーのフォトブックが完成!

↓表紙には、全く関係ないのですが、私のお気に入りの写真を入れたりして... センスが無いのは承知しております。はい(^^;)           
f0306222_235349.jpg


↓そして、イラストのような努力の結果、あんちの良い表情もいただきました♪(この画像では分かりませんが、ちゃんとシャボン玉もぷかぷかと…(*^^*))(左)
で、フォトブックは1冊ごとに編集可能なので、実家用のものには ばぁばが一緒のカットも入れてもらい(右)↓
f0306222_2354674.jpg


きちんとした物を残されたい方にしてみたら、かなり安っぽく見えるでしょうが...(実際、4冊作っても12,000円弱しか掛かっていませんし(^^;)) でも、わが家にはこれで十分。

それに、施設に入っている義父にも1冊届けたら喜んでもらえたりと、良いこともありました~。


母親の自己満足全開!の記念写真でしたが、子供達には親孝行してもらいました。

ありがとね(#^.^#)



そんなこんなで、家族での写真も撮ってみました。
↓↓
「また見に来るよ~」と言ってくださる方、ポチッとよろしくお願いします。
毎度、更新の励みになっております♡皆様ありがとうございます♡
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




by yuma-anchi | 2014-09-27 00:07 | 日常の徒然[家族]

わが家の七五三は...

ゆまの新学期が始まり、少しは更新頻度をあげられるかと思っていたら、日々の諸々にふりまわされ、相変わらずのらりくらりアップしている今日この頃です・・・(T_T)

さて、本日はママログです(^^)

最近すっかり秋めいてきましたけれども、そろそろ11月の七五三に向けて準備をされている方も多いのではないでしょうか?

というより、今頃そんなことを言っていては遅い?のかしら?

今は七五三の記念写真なんかにしても早撮り(?)といって11月にこだわらず撮られている方もいらっしゃるそうですね。(お値段も多少リーズナブルなのでしょうか?)

ちなみに、わが家は2年前が七五三さんの年でした。(正確には「年にしました」ですが)

すでに終えているのに、あまりにも写真屋さんの情報を知らないのは、・・・そこで撮ることを断念したからです。

理由はもちろん、ゆまがそんなシチュエーションには耐えられない!だったからですねぇ(^_^;)

七五三は、もちろん記念写真を撮ることがメインではなく、本来は子供の成長を祝って神社・お寺などに詣でるということが主旨だと思うのですが、ウチのゆまの場合はそちらの方こそハードルが高くて、早々に断念いたしました。

でも、パパはこだわらなかったんですけど、私はどうしても記念に写真だけは撮りたかったんですよね~(>_<)

あんち一人だけで、という手もあったのですが、どうせならゆまも記念の写真を残してあげたいし・・・

ということで考えたのが、写真屋さんへ行けないのなら、自宅で自前で写真を撮ってしまおう!ということでした(*^。^*)b

f0306222_20162429.jpg
↑ さすがに着物は諦めましたが、ドレスはかなりお安く手に入れることができ、あんちも大喜び♡

f0306222_2016402.jpg
↑ またまた、ほっくんのママさんにはお世話になりましたm(_ _)m

f0306222_20165428.jpg


f0306222_2017578.jpg
↑ 背景用に白いシーツを二枚使用(^^;)v


これは、たまたまパパの大学時代のお友達にセミプロのカメラマンさんがいたから叶ったことだったので、私にしてみればとてもラッキーでした。(いわゆる出張写真館ですね♪)

回るお寿司屋さんでのお昼ご飯がギャラだったのに、快くこの依頼を引き受けてくれたお友達のHちゃん、この時は本当にありがとう!!


明日に続きます☆


応援してくださる方、いつもポチッとありがとうございます♪m(__)m♪
↓↓ゆま&あんち凸ボタン↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




by yuma-anchi | 2014-09-25 05:48 | 日常の徒然[家族]

週末のお出かけ~その2

皆さんこんにちは(#^.^#) ゆまパパです。

先週、ようやくゆまの学校が始まったのですが、登校日前日に熱を出してしまい、本日やっと学校に行きました。

ゆまの夏休みが終わり、少しは更新頻度が回復できればと思ってます(#^.^#)

さて、今回のお話は、週末のお出かけ~その2・・・

その1の時のように、家族4人で出かけると、結局現地で別行動→あんちに我慢させることになってしまいます。

なので、たまにはママとあんちだけで出かけて思う存分遊べる日を作ります。
(ママはヘトヘトになるようですが(^_^;)・・・)

先日は旅行から帰って来てから、ばあばと3人で出かけてきました。

f0306222_1222457.jpg

f0306222_1223634.jpg

f0306222_123387.jpg

f0306222_123061.jpg


最寄りのデパート屋上(あんちは、”お買い物のおくじょう”と言ってます)で遊びまわって、そのあとはドーナツやアイスを食べて、おもちゃのウインドウショッピング・・・
いつも我慢しているので、たまにはゆっくり遊ばせてあげたいですね

パパは、ゆまをプールに入れそばでビール(*^。^*)

ゆまもなんだかパパと2人でいつもよりのびのびしているような・・・??


m(__)mいつもポチ凸ありがとうございます!!m(__)m

↓↓ゆま&あんち凸ボタン♪↓↓
応援して下さる方、是非一押しお願いしますm(__)m
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




by yuma-anchi | 2014-09-01 12:14 | 日常の徒然[家族]

週末のお出かけ~その1

いつもご訪問、ありがとうございますm(__)m

充電期間と言いつつ、実はほとんど充電できておらず、今のところ1週間に1度の更新がやっとと言うところです(^_^;)

絵コンテのねたもほんの少しずつ書いてはおりますが、ゆまの学校が始まれば少しは更新頻度が上がるかもしれません・・・

ごゆるりとおつきあいくださいませm(__)m

さて、本日はパパログ、週末のお出かけについてです。

出かけたい場所について、あんちはもちろん言葉で、ゆまはカードで伝えてきます。

二人の行きたい場所が折り合わない場合は出かけるまで手こずったり、もしくは最初から別々に出かけたり
という事がしばしば。

一緒に同じ場所に出かけられたとしても、結局現地でバラバラになることが殆ど(^_^;)


うちの目の前に公園があるのですが、同年代の子供たちは公園で2時間も3時間も遊んでます。

それが普通だと思うですが、うちのゆまときたら殆どの公園でもつのはいいとこ20~30分(^_^;)

楽しそうに遊んでるな~と思っても、いきなり飽きたように『くるま・・・くるま・・・』(帰りたいという事)と僕の手を引っ張って帰ろうとします。

f0306222_639358.jpg

f0306222_6391126.jpg

f0306222_6394942.jpg

f0306222_6395654.jpg


可愛そうなのは、あんち(>_<)

これから遊ぶぞー!!とエンジンがかかり始めたところで、ゆまは帰り支度。

我慢できる限界まで車で待機→ママに電話→もっと遊びたいあんちを説得、という流れになります。

あんちは不完全燃焼のまま、おもちゃを買うことなどを交換条件に我慢して引き上げることが多いのです。

なかなか4人で出かけるのは難しいです。


週末のお出かけ~その2に続く・・・


相変わらずアップのペースがゆっくりになりそうですが、皆さんの応援を励みに更新していきたいと思ってます!!

またお立ち寄りお願いします!!m(__)m

↓↓いつもありがとうございます♪ゆまあんち凸ボタン↓↓
応援して下さる方、是非一押しお願いしますm(__)m
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




by yuma-anchi | 2014-08-25 09:31 | 日常の徒然[家族]