自閉症児の子育て日記


by たろちん

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

カテゴリ

全体
ごあいさつ
登場人物
発達障害[0~2才6ヶ月(診断前)]
発達障害[2才6ヶ月(診断後)~]
発達障害[3才~5才(療育通園)]
発達障害[小学部1~2年]
発達障害[小学部3年]
療育センターでのお話
幼稚園のプレ
日常の徒然[ゆま]
日常の徒然[パパ・ママ]
日常の徒然[あんち]
日常の徒然[家族]
お友達のお話
身内のこと
友人・知人のこと
ご紹介/つぶやき
未分類

以前の記事

2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月

ブログパーツ

ブログジャンル

子育て
漫画家・絵描き

ファン

その他のジャンル

最新の記事

食べ方が〜
at 2016-03-04 22:30
お久しぶりです。〜ママです
at 2016-03-03 22:30
最近の ゆま&ぱぱ
at 2016-02-19 22:26
少しの間、更新を休止させて頂..
at 2015-12-09 17:56
ゆまにとって、うっとうしかっ..
at 2015-10-20 13:18

記事ランキング

画像一覧

カテゴリ:発達障害[3才~5才(療育通園)]( 16 )

普通の子が大泣きするようなことでも・・・その2

今回はパパログです(^^)v

5月22日の記事『普通の子が大泣きするようなことでも・・・』の続きのような話です。

子どもにとって、遊ぶことは仕事のようなもの

はしゃぎまわって挙句、転んで大泣きなんてこともありますよね(#^.^#)

あんちの場合、それがちょっと擦りむいて少しでも血なんて出てしまったら・・・
f0306222_1950173.jpg

f0306222_19503056.jpg

「ばんそーこー!」「ばんそーこー はるーーー!!」と大騒ぎ(^_^;)

そして、あんちはお風呂嫌い・・・

お昼にこんなことがあると、夜まで『痛い目に合った少女』を演じ(まるで女優!?)、こんなにも痛いからお風呂には入れないの!なんて訴えます。


まぁ、そこまではちょっとやり過ぎにしても、血を見るようなことがあると子供はビックリすると思いますが、ゆまちゃんの場合
f0306222_19534267.jpg

f0306222_19535273.jpg

鼻血なんて、鼻水位にしか思っていないようで、鼻ほじほじで大量に鼻血が出た時も、思いっきりすすってました・・・(-_-;)

普通は『血ぃ出た~!!』ですけどね

"出血したら手当てする"とか、ゆまちゃんにとってはまだ分からない事なので仕様が無いのですが、・・・ちょっと今後が心配(-_-;)


※ランキングに参加しています。
「また見にくるよ~」と応援してくださる方、ぽちっと1クリック 宜しくお願いします!(^^)!
↓↓いつもありがとうございます♪ゆまちゃんの宝物、マウスボタン↓↓
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ




by yuma-anchi | 2014-06-04 06:00 | 発達障害[3才~5才(療育通園)]

前回記事のつづきです(その2)

(今回もマンガ無しで失礼しますm(__)m)

登園拒否後、初の療育センター行きの様子はどうだったかというと・・・

車中まあまあ落ち着いていたゆまちゃんでしたが、到着し、いざ降りるとなった途端、またまた暴れ出してしまいました(>_<)

そして、ママ友さんに待機してもらいつつ、嫌がるゆまちゃんを担ぐようにしてクラスへ。

あらかじめ到着時間を伝えていたせいか、先生方の配慮でお友達の姿はほとんどなく、静かな環境の中、私にガッチリしがみつきながらもお約束のDVDを見られました。

ただ、やはり直ぐに帰りたがってしまったので「今日はここまでにしましょう」と、先生方と納得のうえ退室。

初日、たった10分の滞在でした(^_^;)


その後もほっくんママさんや他のママさんのお車、もちろんタクシーも使いつつ登園。(ただ、不思議と何日か後には、"DVDカード"とほっくんママさんを見ただけでゆまちゃんが家から出られるように!)

そして、クラスにいる時間も日1日と少しずつ増やし、その間、私との分離も“再度”練習。

そんな感じで何日間も午前中だけの親子通園(本当は単独通園のはずなのに(T_T))を続けるなか、行きは車、帰りは電車を使い、はたまた歩けないからと(決して近くはない)自宅まで(体重20㎏の子を)おんぶをさせられ(-_-;)・・・ この間の私は、気持ちも身体もヘロヘロになっていました。

それでも1か月ほど経つ頃には、途中私だけ帰宅し、ゆまちゃん1人でバスに乗って帰って来られるように。 更にその数日後には、1人だけで登園バスに乗って行けるようになって・・・

とにかくみんなで試行錯誤しながら、ながーい時間をかけて、ようやく元の状態に戻れていったのでした\(ToT)/


そして、その時イヤというほど考えさせられた私。
(余談ですが、今回の記事を書くにあたり、この頃の連絡帳を見直してみたところ、登園拒否をする少し前から「最近、夜寝入る前にひどいパニックを起こします」という私の記載がありました。今思えば、これも、ゆまちゃんからのサインだったのかもしれません)

その後は、同じようなドツボにはまらないようにするために「ゆまちゃんにとって何を優先させたいのか?」ということを考えるようになりました。(ちなみにこの「何を優先させたい~」という言葉は、年少さんの時の先生からの受け売りです)

あれもできるように、これもできるようにさせたい、は親(私)の勝手。 

でも、本当に一番優先したいことは?

それは、この時で言えば『毎日、元気に療育センターへ通う』こと。

であれば、バスポイントまで行く方法は甘やかせばいいじゃない! 自転車に乗っけていって楽させればいいじゃない、ということになる訳です。


そして、もうひとつ。 ゆまちゃんに負担をかけていた児童デイの利用の仕方についても、先方さんに相談のうえ、利用時間の変更をお願いしました。

結果、本当は少し時間外になるはずなのに、「それでゆまちゃんが楽になるのなら」と快くこちらの都合に合わせていただき、一旦帰宅することなく利用できるように。(ただ、長くなりますので詳細は割愛しますが、移動などで手間もお金もかけさせられました、ええ。)


その、ゆまちゃんのペースに合わせた効果なのか?、その後は一度も登園を拒否することがありませんでした。

それから、もともと大好きだった児童デイ・幼児教室・パパとのお出かけも復活!

また、この時の事を教訓に、特別支援学校へ上がる際にできる限りの配慮をしたところ、嫌がることなく(今のところではありますが)毎日登校してくれています。(とはいえ遅刻常習犯なんですけどねー(-_-;))


私にとっては、“子供がスムーズに家を出てくれるかどうか”という事が、何故かストレスの度合いを大きく左右します。(本当になぜなんだろう?自分でもよく分からないのですが…( ・_・;))

だから、行くべき所へ嫌がらずに行ってくれることが、どれほどありがたいことか!身にしみて感じます。

もちろん、いつだって「行きたくな~い!」という事は起こりうる事なので(現に最近は娘(あんち)が朝グズることも多いし…)、ある程度は仕方がないのでしょうが・・・

でも、できればこの時と同じような“必要以上にしんどい思い”は、もう、したくないものです。

・・・おわり・・・



※ランキングに参加しています。
「また見にくるよ~」と応援してくださる方、ぽちっと1クリック 宜しくお願いします!(^^)!
↓↓いつもありがとうございます♪ゆまちゃんの宝物、マウスボタン↓↓



人気ブログランキングへ

by yuma-anchi | 2014-06-01 06:00 | 発達障害[3才~5才(療育通園)]

前回記事のつづきです

(今回はマンガ無しで失礼いたしますm(__)m)

ひきこもりを始めてしまうんですか?という状態になってしまったゆまちゃん。

「そっかぁ、そういう時もあるよね~」と、しばらく諸々休ませるという選択もあったのですが、ゆまちゃんの場合は引き金になった療育センターを長く休ませることは得策でないだろうと思いました。

何より、その頃の私は1日中ゆまちゃんが家にいることに何日も耐えられる自信がありませんでしたし(>_<)(ごめんねっ)

なので、とりあえず2日ほど様子見で休ませた後、センターへ行かせることに。

その時は多少強引な感じで玄関まで引きずっていったのですが・・・

やはり、どうにもこうにも動かないんです(T_T)

(どうして、いつもこうなっちゃうの!?)、(なんで私ばっかりこんな思いをしなければいけないの!?←これは大きな間違いですが)と、悲しくて、憤りを抑えきれなくなってしまった私は

「センターへ行きますって言ってるの! 何でわかってくれないの!!」なんて訳わからないことを言いながら、頑なに座り込んでいるゆまちゃんの足をペシペシ叩いて泣きわめいたりして・・・ 

今思うと情けない(@_@;)
 
ゆまちゃんに言わせれば「何でわかってくれないの!!」はボクの台詞だよ!ってとこですよね(-_-;)

ちなみに、このとき2か月ぶりに田舎に帰ろうと準備していた実母は、この光景を見て(孫っていうか、このテンパっている娘を残して帰れないわ…)と思ったのでしょう、滞在延長!となってしまいました。(そういえば、この時あんちは1才9か月。いずれにしても、ばぁばの協力無しでは難しかったんですけどねぇ)


そして、結局その後どのようにしていったかというと・・・

まずは、ゆまちゃんに欠かせない療育センターに復帰(?)できるようにしたかったので、先生方と相談。

そして、最初は「『センターへ行きます』ではなく、『好きなDVDを見に行こう』ということで外出を促してみて下さい」ということになりました。(なので、しばらくの間“センターへ行く”カードは、“DVDを見る”カードになる)

けれど、暴れる息子をバスポイントまで連れて行くことは非常に困難。 かといってずっとタクシーでは色々な面できついし・・・

ということで、(当時、車の運転が出来なかった私は)迷惑かけることを承知で、初めのうちだけ連れていって欲しいと、ご近所のママ友さんに助けを求めたのでした(>_<)

そして、助けてくれたママ友さんの中には、ほっくんのママさんもいました。(←前々回記事にご登場)

ほっくんのママさんが車で迎えに来てくれた初日、案の定ギャーギャー騒ぎ立てるゆまちゃんを、私は担ぐようにして車に乗せました。

「やっぱり無理なのかなぁ... これからどうなるのかなぁ...」と車がセンターへ向かう中、落ち込みまくっていた私に、ほっくんのママさんから「ゆまちゃんがまた通えるようになるまで、予定が無い日は来るからね~」というお申し出が。

「え!? でも、何日かかるか分からないよ。もしかしたら何か月もかかるかも…」と言う私に、「いいよ~! いつまででも付き合いますよ~」というお返事。 さらに「困った時はお互い様。1人でため込むことはないよ。その代りこっちが何かあった時は助けてね♡」とあまりにも優しいお言葉(T_T)

不安でどうしようもなかった私の気持ちは一気にほぐれ、涙があふれてきたのが分かりました。


(長くなりましたので、またまた次回につづきます。)

(復帰するまでの親子の様子にもう少しお付き合いいただける方、次回のご訪問もお待ちしておりますね(*^_^*))



※ランキングに参加しています。
「また見にくるよ~」と応援してくださる方、ぽちっと1クリック 宜しくお願いします!(^^)!
↓↓いつもありがとうございます♪ゆまちゃんの宝物、マウスボタン↓↓



人気ブログランキングへ

by yuma-anchi | 2014-05-31 06:00 | 発達障害[3才~5才(療育通園)]

"ひきこもり"されそうになった時の母の気持ち

本日もママログです(^_^)

私は、子供達が嫌がらずに、保育園・学校と行くべき所へ行ってくれた朝は「こんな素晴らしいことは無いわぁ♡」とかなり感動してしまいます。

それはきっと、ゆまちゃんが単独通園していた年中さんのとき、かなり激しい登園拒否をされた経験があるからです。

この時の事は、ゆまちゃん本人よりも私、母のほうがトラウマになっているのでは?と思うくらいしんどかった出来事でした。

f0306222_21441825.jpg


f0306222_21442869.jpg


f0306222_21443853.jpg


f0306222_21444632.jpg


登園を拒否したのは、年中さんの秋ごろ。

きっかけはクラスのお友達とのちょっとしたトラブルでした。(←これは推測。でも背中に小さな歯型があったのと、「そういえば拒否する前日、急に泣いて暴れだした時があった。不思議に思っていたが、もしかするとその時に…」と先生にも思い当たる節があったため)

でも、それは単なる引き金で、本当の理由はそれまでに積もり積もった我慢が爆発したのだろなぁと、後になれば思えました。


登園拒否を引き出してしまった原因・・・

多分これが大きく影響していたのだろうなぁと思うことがふたつありました。


ひとつは、進級をきっかけにそれまで使っていたバギーを卒業させなければ!と、バスポイントまで歩かせたこと。(それまでのゆまちゃんは、あまり歩きませんでした)

確かに朝、出かけるのを嫌がる日もあったのですが、とりあえず家から出してしまえばスイッチが切り替わったかのようにスムーズに歩き始めていたので、私は(タイミングの問題かな?)と...

そして、帰りは降園バスで必ず爆睡してくるゆまちゃんがバス停で目覚めるのを待ち、夏には日傘とうちわ・冷たい飲み物も用意して頑張らせました。
ちなみに、バスポイントは、ゆまちゃんの足で普通に歩けば10分もかからない所だったのですが、固まったりノロノロ歩かれたりで、大抵は倍以上の時間がかかっていました。

それでも、座り込んだり怒ったりすることが無かったので、私は「慣れさえすれば...」と思っていたのです。


そして、もうひとつは(週1回の)児童デイサービスの利用の仕方を変えたこと。

それまで、その日は児童デイに行くだけだったのに、【午前に幼児教室(特別支援コースがあり2才の頃から利用) ⇒ 一旦帰宅 ⇒ 児童デイのお迎えが来て再度外出】 という流れなり、出かける度にグズグズ。泣きながら送迎車に乗り込んだ日もありました。(児童デイが嫌なのではなく、一度家に入ってしまったら再び出るのがイヤ!といった感じで)

それでも、行ってしまえば毎回楽しそうに活動しているとのことだったので、私は「これも慣れさえすれば...」と思っていたのです。


でも、私にしてみれば“このくらいのこと”と思ってやらせていたことが、結局はゆまちゃんにとっては我慢我慢の連続だったんですよね。

だから、ある日突然マンガのように全く動かなくなってしまって・・・

そして、それは思ったよりも深刻で・・・(>_<)

療育センターに限らず、大好きだった幼児教室や児童デイも、週末のパパとの外出さえも出来なくなって、完全に家から出ること自体を拒否! ひきこもり(?)を始めてしまうの!?という状態になってしまったのです(T_T)

(次回につづきます)



※ランキングに参加しています。
「また見にくるよ~」と応援してくださる方、ぽちっと1クリック 宜しくお願いします!(^^)!
↓↓いつもありがとうございます♪ゆまちゃんの宝物、マウスボタン↓↓



人気ブログランキングへ


by yuma-anchi | 2014-05-29 23:14 | 発達障害[3才~5才(療育通園)]

普通の子が大泣きするようなことでも・・・

こんにちは(^^)v

本日もパパログで、前回の続きのようなお話です。

体調不良の時、あんちの場合ははっきりとおなかが痛いとか頭が痛いとか伝えてくれるので、すぐにトイレに連れて行ったりですとか、ゲロ用に容器を用意したりとかできるのですが、ゆまの場合は顔色や雰囲気を読んで対応しなければならず、失敗したこともありました。

ずーっと苦しそうに泣いているけど、どこがどう痛いのか、苦しいのか全く分からず、いきなり耳から膿が出てきたりとか(風邪や腹痛ではなく、中耳炎でした・・・)、顔色が悪いから抱っこで背中をさすってあげようとしたら、滝のようなゲロを浴びせられたりとか・・・(^_^;)

そうかと思えば、普通の子が大泣きしてしまうようなシチュエーションでもケロッとしたり・・・

f0306222_6433144.jpg


ゲロっとしちゃうと、とてもすっきりするようで、いきなりテンション復活!!なんてこともあります。

ゆまには病は気からと言うことがないようです(ー_ー)

※ランキングに参加しています。
下のイラスト部分をぽちっとクリックして頂きますとポイントが入る仕組みになっています。
応援してくださる方、ぽちっと宜しくお願いします!(^^)!
↓↓いつもありがとうございます♪ゆまちゃんの宝物、マウスボタン↓↓




by yuma-anchi | 2014-05-22 06:46 | 発達障害[3才~5才(療育通園)]

体調不良 どうやって伝える?

こんにちは(^^)v

本日はパパの回

言葉でのコミュニケーションがまだまだ難しいゆまちゃん

これから先、非常に心配なのが、体調が悪い時にそれを他の人に伝えられるか??

普通の子は、おなかが痛い、頭が痛い、寒い、暑いetc・・・言葉で伝えます←当たり前ですね

しかし、言葉での表現が難しい自閉っ子ゆまちゃんの場合、僕らが何かしらのサインに気が付かなければなりません(-_-;)

f0306222_21241618.jpg

f0306222_21243024.jpg

f0306222_21244698.jpg

f0306222_2125054.jpg


いつもより動きが少なかったり、ほっぺが赤かったり。でもとても機嫌が良かったりするので、僕らが気が付かないこともあります(^_^;)

時には、片方の足をちょっと引きずるように歩いていたり・・・
びっくりして、くまなくいろんなところを見るのですが、どこを触っても痛がらなかったり・・・
なんで引きずっているのか言ってもらえば楽なんですがねぇ~
それで、2、3日したら普通に歩いていたりと難しいです。

僕らが体調が悪くて病院に行くときは、まずお医者さんと話しながら、いつ頃からどこがどう痛いかなどと伝えて、何の病気なのか診察してもらうわけですが、そのプロセスをできるようになるのか・・・今からすごく心配です(ーー;)

※ランキングに参加しています。
下のイラスト部分をぽちっとクリックして頂きますとポイントが入る仕組みになっています。
「また見にくるよ~」と応援してくださる方、ぽちっと宜しくお願いします!(^^)!
↓↓いつもありがとうございます♪ 日曜日の朝の図↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
by yuma-anchi | 2014-05-19 21:34 | 発達障害[3才~5才(療育通園)]

パパの魔法のことば

こんにちは(*^。^*)

本日は私、パパが担当です

自閉っ子、ゆまちゃん。

色々とこだわりが強く、新しいことに対してはかなりの拒否反応を示します。

これは1歳前後から今に至るまで変わりませんん。

親としては、少しでもこだわりを和らげていろんな事に慣れてほしいと日々思っているのですが、ただ単純にこれをしなきゃダメ!とか、した方がいいなどと説得しようとしたり・・・まず上手く行きません(-_-;)

こちらの言うこと(もしくは言われていることの雰囲気)が少し分かるようになってからは、まともに取り合わず、勢い(?)で持って行くと上手く行くことが多かったです↓

f0306222_2372274.jpg

f0306222_238362.jpg

f0306222_2381396.jpg

f0306222_2382461.jpg


何か新しいことをさせようと、ある時『はいはいはいはい、いいからいいから・・・』と反論する間を与えず、背中を押してみたら上手く行ったことがありました。

ただし、『いいから』の先には何か楽しいことやおいしい食べ物、すると褒められることが待っているときに限ります。
だって、乗せられて嫌な事や苦痛が待っていたら・・・嫌ですよね

マンガの様に『はいはいはいはい、いいからいいから・・・』と僕に乗せられて、結局お気に入りになった場所は沢山ありますが、いつしかそこがこだわりの固定行先になってしまうわけです。

そうならないよう、また『いいからいいから・・・』と別の道を通って・・・

最近では、どんどん知らない新しい道に進めるようになりました!

↓↓いつもありがとうございます♪ゆまちゃんの宝物、マウスボタン
「また見にくるよ~」と応援してくださる方、凸ポチッと1クリック頂けると嬉しいです♪

自閉っ子ちゃんの社会性について

いつもご訪問ありがとうございます。

本日は、by パパのお話しで、題材としては季節外れではございませんが、雪が残る中、全くの季節はずれなマンガでのご紹介となってしまいました。

自閉症児の子育てをしてますと、なかなか言うことが通じないなと感じることが多々あります。

ここではこれをしたらダメ、あれをしたらダメ。僕らのルールですとか常識に従ってもらおうと色々教えようとする訳ですが、なかなか思い通りには行きません。

彼らからすると、なんでだめなの?????と健常の子達よりもハテナ?の数が多くなっているかもしれません。

今のうちはできるだけやりたいようにさせてあげたいとは思いますが・・・
f0306222_22362227.jpg

f0306222_22363891.jpg

f0306222_22364893.jpg

f0306222_2237180.jpg


こんな場面で、何が何でも服を着なさいと言っても、水に入るには服を脱ぐものでしょ?なんてゆまちゃん自身が思っていた場合、きっと彼としては混乱してしまうでしょう。
なので、強く言えず好きなようにさせてしまうこともしばしば・・・(^_^;)
当然、周りの状況を見てと言うところですが、明らかに『こんな大きい子がすっぽんぽん???』なんていう状況もありました(-_-;)
こんなに楽しそうだし・・・なんてどうしても甘くなってしまうこともあります。

将来的に自立させるには社会性を身に着けることは必須かもしれません。
しかし、僕らと同じように、周りに人がいるから・・・という教え方ではなく、この場面ではこう、この時はこうと具体的なシチュエーションに慣らして行くと本人にとってもわかりやすく良いようです。(今のところの経験談です)

社会性についてはネタが尽きませんが、ほかのお話しはまた別の機会に(^_^)/~



※ランキングに参加しています。
1日1回、下のイラスト部分をぽちっとクリックして頂きますとポイントが入る仕組みになっています。
応援してくださる方、ぽちっと宜しくお願いします!(^^)!
↓↓いつもありがとうございます♪うちの子は自閉症ボタン↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
by yuma-anchi | 2014-02-20 06:00 | 発達障害[3才~5才(療育通園)]

ゆまちゃんNow Loading!

こんにちは、本日もママです。

今日はゆまちゃんの“言葉”について…

ゆまちゃんが初めて言葉を口にしたのは、年中さんへ上がった頃、
それは『はらぺこあおむし』の歌でした。

前年のクラスのお集まり(集会)で初めて聞き、ようやく座っていられるようになったゆまちゃんは、毎回『はらぺこ~』の歌をジーッと集中して聞き入っていました。

その日の集会が始まる前、メニューにあるかどうかを毎度チェックするくらいだったので、私は「すごい気に入っているんだなぁ」と感心していたのですが、

そんなある日、、、

f0306222_118832.jpg


f0306222_1182233.jpg


f0306222_1183515.jpg


f0306222_118441.jpg


そうなんです! まさに突然歌い始めたんです!!(それも大声で!(^O^)~♪)

もう、パパとビックリ!です。

初めて息子の声らしい声を聞けたので、もちろん嬉しかったのですが、私は驚きの方が強かったですねぇ…

だって、いきなり全歌詞を歌い始めたものですから(^_^;)

そういえば、『はらぺこ~』が気に入ってから、You Tubeでも何度も何度も食い入るように聴いてました…
あれは正に、Loading中
そして、「インストールしました」のごとく、全てを頭に入れ込んだみたいでした。

これでコツをつかんだのか、その後は気にったもの(歌や曲付きのタイトルが多い)があると何度も何度も聞いて、全フレーズ頭に入ったところで声に出す、ということを始めました。

そして、それは今でも続いています(^.^)

最近は、You Tubeでカラオケの歌詞画面がアップされているものも多いので(視覚的援助ですね)、これのおかげでLoadingも早くなってきたようです。 
懐中電灯をマイクに、素振りまで真似して歌っています。 本人、とても楽しそうです(*^_^*)
(ちなみに最近のお気に入りは「太陽戦隊サンバルカン」、聖闘士星矢「ペガサス幻想」、「赤胴鈴之助」などなど、...なぜか古い!(-_-;))


…そういえば、(私の好きな)東田 直樹さんがこんなこと言っていました。

「僕は小さい頃から文字や数字が好きだった。好きなモノは覚えるというよりも“勝手に頭に飛び込んでくる”感じ。だから英語もいつの間にか頭に入っていた。」と。

確かに、平仮名や数字などもYou Tubeを見て勝手に覚えていたし(→過去記事“集中力~好きこそものの・・・”)...

ゆまちゃんも、そんな感じなのかなぁ~。



※ランキングに参加しています。
1日1回、下のイラスト部分をぽちっとクリックして頂きますとポイントが入る仕組みになっています。
応援してくださる方、ぽちっと宜しくお願いします!(^^)!
↓↓いつもありがとうございます♪うちの子は自閉症ボタン↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

PR


自閉症だったわたしへ (新潮文庫)

by yuma-anchi | 2014-02-13 11:14 | 発達障害[3才~5才(療育通園)]

睡眠障害~その2

こんにちは。

先日の睡眠障害の続きのお話しです。

今は素人(?)でも色々な情報をインターネットで集められるので、本当に便利ですよね。

自閉症に関する医学のニュースなんかもちょくちょく検索しております。

今回の件につきましては、自閉症の事だったか睡眠障害に関する事だったか、きっかけは忘れてしまいましたが、アロマやハーブ、漢方などの効用が科学的に証明されているとネットで知り、偏食のゆまちゃんにとっては口に入れなくてもいいアロマを試してみようと、ラベンダーのエッセンシャルオイルを購入。

因みに芳香剤などでラベンダーってよくありますが、匂いがいいのではなく成分に効用があるので、ピュアオイルじゃないとだめらしいです。

結果=効きました!

きっと頭痛薬なんかと同じで、相性、個人差はあるのでしょうが、睡眠はかなり改善されました
f0306222_0525450.jpg

f0306222_0531548.jpg

f0306222_0533070.jpg

f0306222_0534353.jpg

本当に参っちゃったのが、寝かしつけをしている僕の方に効いちゃって、ゆまちゃんより先に落ちているのでは?と言うことでした(-_-;)
おかげで早寝早起きになってしまうことに(#^.^#)

療育センターで、脳波検査(包帯姿が可愛かった!)の際にも使ったのですが、先生曰く、アロマを焚いたら脳波にも変化が!と言うことでした。アロマもバカにできんですね~(@_@)

因みに使ったのはこんなやつです↓

生活の木 C ラベンダー フランス産 エッセンシャルオイル 10ml【HTRC3】


イシグロ セラミックアロマライト 20/323 星

今うちではランプが壊れてしまったので、ゆまちゃんのパジャマの首のところに1滴垂らしてます。

そういえば、つい先日『自閉症の対人障害、ホルモン投与で改善 東大チームが解明 世界初!』なんて言うニュースが大々的に報道されました。

『大ニュースか!?(@_@)』

と、思ったのですが、以前からすでに知っている話でした・・・

『金沢大学 オキシトシン』と検索してみてください。

オキシトシンという幸せホルモンが自閉症の症状改善に役立つそうです。

オキシトシンを増やすには点鼻薬が有効とのことですが、これはスプレー?↓

オキシトシン・アクセレレーター 1オンス (海外直送品)

日本で認められていない?個人輸入物らしく、ちょっと不安・・・(-_-;)
ですので、うちでは試してません。しかも鼻から吸うのなんて、口からの摂取より難しそうだし・・・

因みに、口から摂取のサプリメントではオキシトシンは摂れないそうです(大きすぎて腸で吸収されない??)
オキシトシンサプリメントっていうのはあり得ないらしいのでご注意を!

他にオキシトシンを増やす方法は、『抱っこ』や『ほおずり』だそうです・・・

そんなの毎日しつこいくらいにやってますわぁ!!!

ってことでゆまちゃんには今のところこんな点鼻薬は必要ないでしょう。

そのうちほおずりも嫌がられるんだろうな~(T_T)涙

本日はパパでした

※ランキングに参加しています。
1日1回、下のイラスト部分をぽちっとクリックして頂きますとポイントが入る仕組みになっています。
応援してくださる方、ぽちっと宜しくお願いします!(^^)!
↓↓いつもありがとうございます♪ゆまちゃんボタン↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

PR

はばたけスワンベーカリー

by yuma-anchi | 2014-01-20 06:00 | 発達障害[3才~5才(療育通園)]